お馬の写真 別館

「お馬の写真」管理者による徒然なるブログ

第10回札幌・豊平川市民マラソン

   

thumb_IMG_1405_1024

「第10回札幌・豊平川市民マラソン」に参加してきました。

フルマラソン挑戦は今回初めて。ということでまず目標としては完走、そしてできれば5時間30分を切ることを目標に参加しました。

会場

thumb_IMG_1404_1024

スタート、ゴールは中島公園駅から豊平川を渡った先の河川敷。当日は日差しが強く、会場に日陰がなかったので、スタートまでちょっとしんどい感じ。小さいテントを持ち込んでいる人も結構いましたけど、確かにテントがあるといいなぁ、と感じました。

スタート〜6km

thumb_IMG_1406_1024

10:00にスタート。スタート地点から6kmあたりまで豊平川右岸を南下。

目安にしていたペースは7分/km。手持ちのGPSウォッチで目安通りのペースで走っていたのですが、1km、2km、3kmの看板を通るたびに通過タイムを確認すると、どう考えても7分/kmより遅いペース…。ここのところGPSウォッチの具合が悪いことがあったのですが、やはり本番でペースに自信を持てない状況になるとかなり不安に…やむなくGPSウォッチのペース+30秒程度を実際のペースと仮定しての走行に。

さて、コースの方ですが、6km付近の土手の上で折り返した後、藻岩上の橋を渡って豊平川左岸へ。

6km〜25km

この区間は豊平川左岸を藻岩上の橋〜北13条大橋付近の間を往復。

途中、8kmあたりでGPSウォッチの表示が止まり、完全にペースがわからなくなりました。こうなるとまったくペースに自信がなくなり、不安しかない状態…。10km過ぎで復帰したものの、もう信用出来ない。ということでこれ以降、ほとんど時計は見ずに走ることに。

ちょうどこの辺りで、先頭集団とすれ違い。これ以降、追い越し追い越されが難しくなり、自分のペースで走れなくなりちょっとストレス。

約15kmあたり、北13条大橋手前で折り返し。折り返し地点付近のエイドで飲んだコーラの旨いこと(笑)

復路はだいぶバラけてきたため、自分のペースで、とは言ってもどれくらいで走っているのかわかりませんでしたが(苦笑)

20kmあたりのエイドで小さい女の子がコップを持っていたので「ありがとう」と言ってスポーツドリンクをもらいました。受け取ったら嬉しそうにしていた表情をみてちょっと元気に(笑)。自分にも小さい娘がいるので、こういうちょっとした事で元気をもらえますね(笑)

その先でハーフの看板が出て、そこから先は未知の世界。でも足が特に痛くなることもなく藻岩上の橋に到着、再び豊平川右岸へ。

25km〜31km

ここまではある程度順調に来ていたのですが、26kmあたりでしょうか、ミュンヘン大橋あたりのエイドの直前で突然脚が動かなくなりました。結局ここから先は歩きを入れながらのランになってしまいました。ここからはとにかく辛かった…。

31kmあたりでスタート地点に戻って、残り11km。妻と娘が応援に来てくれていて、声をかけてくれましたが、それでも数百メートルしか走れず、また徒歩を入れながらのランに…

31km〜ゴール

この辺りでは、回りも走ったり歩いたりを繰り返していて、変な意味での抜きつ抜かれつ状態。豊平川右岸の折り返し点は札幌新道の豊水大橋手前、ということで、とにかく遠くてつらい道のり。普段なら往復11kmなんて何の苦もなく走れる距離なのですが、歩くのもしんどい。

なんとか折り返しも過ぎて残り3kmまで来たところで、最後のひと踏ん張り、ということで歩きを入れずに最後まで走り続けることに。途中から知らない女の子が自転車で伴走してくれたので、歩くわけにもいかず、なんとか最後まで走ってゴールということになりました。

ゴールタイムは5時間37分あたり。残念ながら目標タイムには到達できませんでしたが、最低限の目標の完走は達成出来ました。

振り返って

まだ「42kmも走って馬鹿じゃないの」という気持ちと「歩きを入れてしまって最後まで走れなくて悔しい」「目標設定していたタイムに届かなくて悔しい」という気持ちの整理ができておらず、またフルにチャレンジするのか、今までどおりハーフを主戦場にして走って行くのか、わかりません。ハーフでもう少し走力をつけてからフル再チャレンジかもしれませんし、来年もこのレースを走っているかもしれません…

ただフルマラソンというのが、ハーフとは比べ物にならないくらい体を消耗させる、というのはよくわかりましたので、またフルに出るにしてももっと準備をしっかりして臨みたいとは思っています。

ちなみに、今回、レース前後で体重・体脂肪率を測ってみたのですが、体重が1.9kg減、体脂肪率が2.0%減、ということになりました。数字で見るとやはり結構消耗するんだなぁ、というのがわかりますね。

 - ジョギング