お馬の写真 別館

「お馬の写真」管理者による徒然なるブログ

パラオに行ってきました その2

   

パラオに行ってきました その1」の続き。

帰国前日の4日目、ようやく青空。ただ、青空と油断していると突然豪雨が来てまた青空、という繰り返し。

この日は「グラスボート遊覧クルーズ」に参加。なんだか宇宙船みたいな形の水中翼船に乗ります。

船底にある窓からサンゴが見えたりお魚が見えたり。こちらはマラカル湾側での遊覧ポイント。だいぶ海水が澄んでいます。

こちらは「パラオ松島」側での遊覧ポイント。こちらは内海だからかな、透明度はあまりよくないですが、お魚はたくさん。
色がぜんぜんわからない写真ですが、ウメイロモドキの群れです。

このツアーの最中、ガイドの方からパラオの歴史などについての説明がたくさんあって、本当に勉強になりました。
2時間程度でしたが、参加してよかった…というオプショナルツアーでした。

5日目の午後にパラオを発ってその日の夜には帰国…

5日間のパラオ滞在でしたが、パラオの人ってみんな優しいなぁ…と感じました。
今回は3歳、1歳の子供たちが一緒だったのですが、知らない現地の人が1歳の息子をあやしてくれる…ということが多くて。
パラオは70年前まで日本統治下だった、ということもあり、お年寄りが「ぽっぽっぽー鳩ぽっぽ♪」と日本語で歌ってあやしてくれたり…。

パラオのインフラの基本は日本統治時代のものが今でもベース。マラカル湾からコロール島へつながる水路(新水道)、コロール島からマラカル島へつながる橋(みなと橋)、先の記事も書いた下水道…。

なんかね…パラオって日本ではないし、日本だったわけでもないのだけれど(あくまでも委任統治)、日本の痕跡が普通に残っていて、パラオの人たちもそれを負の遺産とは見ていなかったり…言葉にするのは難しいのだけれど、昔の日本が南の島においてきてしまった何かが残っている…そんなふうに感じたんですよね。

またいつか来てみたいな、と思える国でした。
子どもが小さい関係で今回は行けなかったけど、次の機会にはペリリュー島にも行ってみたいな…。

 - 日常