お馬の写真 別館

「お馬の写真」管理者による徒然なるブログ

水槽のヒーター見直し

   

2017年11月現在、60cm水槽と30cm水槽で熱帯魚飼育をしているのですが、先週末、30cm水槽にてトラブル発生。
朝、起床直後に水槽を見るとアカヒレ複数が腹を上にして浮いていました。水温36度…オートヒーターが故障した模様…
ヒーターをコンセントから外し、換水し30度程度まで水温を下げたものの、生存者はアカヒレ1匹のみ。
毎年正月にヒーターは買い直しているため、経年劣化ではなく…。保証期間内でしょうけど、生体が返ってくるわけでも無いですし…

かなり凹みましたが、1匹残ったアカヒレのためにも水槽を立て直さないといけない…というわけで、まず新しいオートヒーターを購入。流石に故障したメーカー(コトブキでした…)のものは買いたくはなかったので、ジェックスのメダカ用オートヒーター(23℃)にしました。

その上でのフェールセーフとして、サーモスタットを経由してオートヒーターを接続することにしました。
本当はオートヒーターをサーモスタットにつなげるのはオートヒーターの故障につながるため、避けるようにメーカーは言っているはずですが、基本常時通電状態になるような温度で設定しておけば、コンセントから直接接続するのと変わらないはずなので、28℃設定にしてみました。

要するに…基本的には常時通電状態でオートヒーターにて23℃前後をキープ。先週末のような故障によりヒーターが暴走した場合、28℃に到達した時点でサーモスタットによりヒーターへの通電がとまり、それ以上は温度が上がるのを防ぐ、という形にしたわけです。

当然、メーカーは責任持ちません、という接続方法ですので、自己責任にはなります。
ただ、一回、温度上昇で水槽がほぼ全滅状態というのを経験してしまうと、そのままオートヒーターだけにすべてを任せます、という気分にはなれない…

とりあえずいまの状態で水槽が落ち着いたら、またアカヒレを追加で入れたいと思っています。
突然1匹になってしまったアカヒレが寂しそうでもあるので…

 - 日常